NPOのマネジメント。成功の鍵。

f:id:iyoshihisa:20170916104248j:plain

本日はちょっと別件でお邪魔させていただいたある講習会。スポーツマネジメント系のお話の中で、出てきたキーワード。NPOマネジメとの成功の鍵。「明確な理念、多様な財源、活発な理事会」。どれもうんうんと頷いてお伺いして来たわけですが。

ふと。

現在関わりを持たせていただいている企業やNPOの業務改善マネジメントで出て来る様々な課題。もう一度よく振り返ってみてみたら、そもそも当たり前のところがきちんと出来ているのかどうか?「現象→問題→原因→対策」のひとつひとつがゆるくなってないか?対策はいつも対症療法になってはしないか。そもそも起きている問題の根本的な原因は何か?

スポーツを含む様々な体験活動を通して多くの人たちの成長のお手伝いや生きがいづくりを進めるために、様々な事業展開を行っているホールディングス、その地域のスポーツや芸術活動などの文化価値を高め、そこに参加する人、支える人達の豊かで楽しい毎日を作り続けることで、地域に貢献する。

はて。

そんなあるホールディングスのイメージが、理念や将来像として語られた時、そこに関わる人達が、その理念に共感できるのかどうか。

事業に追われて、疲れ果てていないか?事業に追われて疲れ果てているのであれば、その根本的な原因は何か? 疲れ果てる。飽きる。なぜ疲れ果てるのか?面白いことではないから?極限まで追い詰められるサービスの向上、教育や指導等といった、概念と実際サービスのズレ? コスト削減のための様々な取り組み。

根本的な課題は、公共サービス、公共施設がそもそも、機能しない仕組みになりつつあるところを、改善したり補佐したりアドバイスしたりする為に民間事業者へ任せる方向で進んできたところを、その仕組みを変えずに民間事業者だけが無理だけさせられてしまうというところにあるのかもしれませんね。財源不足でやれないことをコスト削減だけのために民間事業者へやらせる。官民協働の手法がまだまだ浸透していない中、社会課題をどの様の解決していくのか。

そういったところに、コミュニティビジネス新しい公共の担い手、NPOというような役割や存在意義があり、前段でも触れたように、スポーツ等を通して地域に貢献するために、設立され事業展開している組織、グループであることが、果たして価値として受け止められるのか。

わかっちゃいるけど、できない、そう思えない、違和感を感じる、何かが違う。

ならば、その原因を探っていきながら、根本的に解決しないといけないし、一方では、組織内の人たちの距離感を少しずつ近づけるための工夫等も必要になってくる。

まぁそういう事なんでしょうか。

関連企業の新入社員研修会から

f:id:iyoshihisa:20170916095725j:plain

中津市のふるさと回想館八面山荘で開催された、新入社員研修会へお邪魔しました。環境整備マネジメント評価と企業本社と現場の情報共有、会合を同時に意味合いとしても含む1泊の日程で、昨日から。

諸々の活動を終えた後、バーベキューハウスで皆さんとの会食。アルコールも入って、笑いの絶えない会となって、皆さん楽しそうでした。いろいろな立場の方が参加されていて、仕事の話もプライベートの話も、昭和のおじさん的には、こうしたいわゆるノミニケーション的な時間は、楽しく過ごせるタイプなほうで。

普段ご一緒している方とも、そうでない方とも色々とお話ができて、ぐっとコミュニケーションの距離が近くなったような気がします。

これがいいのか悪いのか。企業内融和は必要なのかそうでないのか?

企業とNPOは違ったり同じだったりしますが、原理原則的には、NPOの存在意義は理念の存在。理念の実現。そして、その理念を共有する人達が集まって、その理念を実現する為の事業をやるというのがNPOなわけですが、そういう意味では、理念を繰り返し共有して共感を得ることは、組織にとって非常に重要なことだと思うわけです。

それが、企業であったらどうなのか?または、事業性が高まっていったNPOで、現場のすべての人達にその思いは伝わっていくのか。

企業内融和は、現場ごとだけでいいのか、組織全体で必要なのか。

いろいろなツールを使いながら、その組織に所属していらっしゃる方々とのコミュニケーションの中から、どのような形態、どのような方法、を導き出したり、組織として根拠と想いのある明確な理念を提示し、いかにそれに共感してもらうことができるのか。

その両方から、手を付けていかないといけないことでしょうねー。自然と企業内が融和してしまう状況をどうやって作るのか。原因を突き詰めてそこを解決するための取組。あっΣ(゚∀゚ノ)ノ

こうなると余計になぁ。。

f:id:iyoshihisa:20170910072503j:plain

昨日の携帯電話修理のお話。「保証のヒモ付が完了しました。つきましては、修理センターの予約を取ることが出来ます。」という事で、早速お邪魔させていただいたところ、あれやこれやと20分程度、どうもありがとうございましたと、復旧完了。

うむむむ。。。。

こうなると余計に、そこが出来てればここ数日のあっち行ったりこっち行ったりのコストは掛からず、その他連絡先等のケアも必要なく、交換のための費用等の検討もいらず。すっと、通常の利用に戻れていたのに。。。「保証がちゃんと引き継がれていれば。」となってしまって。。。(^_^;)

まぁもろもろのサービスについて、人的ミスがなくならない事は、致し方ないことだと思っているので、受け入れられないこともないのですが、この間あったいろいろなやり取りが、どういうふうに解釈されたり、評価されたりするかと思うと、改めて、その間の対応で随分違うものになるんじゃないかなぁと感じる出来事でして。

おかげさまで、通信復旧し、もろもろの連絡、情報のやり取りが可能となりまして、まぁこうしたサービスを支えていただいている方々に感謝しつつ、お客様との関係性についても学ばせていただいた出来事だなぁと。o(^▽^)o

顧客のアフターフォローの可能性

f:id:iyoshihisa:20170908141302j:plain

えー、まぁ自業自得なのですが、イベントの際にテーブルの上においておいたスマートフォンに、近くにあったドリンクを冷やす機械から水が流れ出ていて、「あれ水が。。。」という事件から約一週間、電源は入るのですが、タッチパネルが機能せず、使いものにならないという事態に陥っておりまして、皆様にはご迷惑をおかけしているところ。。

ここ2,3日、時間を見ながらちょいちょい、その改善にとあちらの店舗に行って確認、こちらのお店でご相談と、言われるがまま熊本市内をウロウロとしております。

最初に行ったのは、修理の取扱業者さんの店舗、そこで保証契約がないので、キャリアさんの店舗で何か保証があるかどうか確認して下さいと支持を受け、別のショップへお伺いしたところ、「保証はありません。」という事で買い替えをと勧められ、「在庫の少ない中、あるものでどうでしょう。」ということで、それでは翌日にでもと、同じキャリアの別ショップにお邪魔したところ、より良い在庫はあるものの、担当が休みなのでまた明日来店をという事で、本日お伺いした次第ですが。。。。

こちらの店舗で仰るのは、「最初のメーカーの保証に入っていらっしゃって、毎月の保証金の支払いがなされていますよ。。。????」と伝えられ。

それから、ケアセンターへ電話確認していただいたところ、「どうやら、前回修理で端末交換した際に、交換元の保証が、交換先の現在の端末へ紐付いていなかったので、確認が取れておりませんでしたと。。。」「今から紐付けの手続きを取らせていただきますが、少しお時間を頂きます。お時間は。。。何とも言えません。」という事で。

ここまできて、最初のそこのミスから、既に数日のコストを払い続けている私も、若干「むむむ???」とはなるわけですが、まぁそう行っても始まらないので、できるだけ早く復旧するにはどうしたらいいかという話と、現在の状況を、どうにか改善できないものかとご相談したところ、「ショップの方で代替機を借りて下さい。」とケアセンターのご担当の方から。。。「ん???」そんなことできるのかと、店員さんに電話を変わってもらいましたが、店員さんも戸惑い気味。「わかりました。。」という事で、キャリアのショップへ確認していただきましたが、「代替機はありません。」で終了。

 

そもそも私のミスで、故障させてしまったので致し方ないのですが、ここまで来ると、もうちょっと何かしらのフォローサービスってあったら便利だなぁと思った次第でして。前回の修理の際にも、ネット上の決済のことでいろいろと面倒なやり取りをお互いに強いられるという状況で、あぁそう言えば、別の決済でもあったなぁとか。。 ネット上でのやり取りって、ルートに乗ってる間は便利なのかもしれませんが、ちょっとそれたりすると、めちゃくちゃ不便という。業界では常識なのかもしれませんが、私みたいな素人からすると、「これ何とかなんないのかなぁ。」と思ったりするところです。

今わたし達が、関わりを持たせていただいているサービスの中で、こういう不具合に対してどんなアフターフォローがあると、お客さまに喜んでいただけるのか?

かなりのヒントをいただいたと、そういう出来事で。(*^-^)ニコ

山村地域での水辺活動、SUPの体験活動へ

f:id:iyoshihisa:20170909113823j:plain

予定されていたSUPの体験活動。B&G海洋センターの職員の方々とともに、近隣のため池へ。朝からあいにくの雨、降ったりやんだり。。始める頃にはどうにか上がっていました。

説明に準備、体験活動上気をつけておくべきことなど、通常の体験以上に、運営側としても気をつけることなどを含めレクチャーしていただきました。

実際の体験は。。

f:id:iyoshihisa:20170909114325j:plain

私はここまで。別件対応で、出発せざるを得ず、体験出来ませんでしたが、感想は皆さんに聞いておきたいと思います。σ(^_^;)..

学生さんのゼミ合宿、町の方ともいろいろとお話させていただきながら。

f:id:iyoshihisa:20170909112538j:plain

卒業論文等の検討を含めたゼミ合宿に、お邪魔してまいりました。その後、地元の方々にもご参加いただきながらの情報交換会、雨の降るログハウスのTERRACEでのバーベキュー大会という事で。。少し秋めく湯前の夜を過ごすひと時。
みんなでワイワイ、真面目な話も、バカな話も。(*^-^)ニコ

いろいろとお気遣いもいただきながら。。どうもありがとうございました。m(_ _)m

キタクマ×アウトドアフェスin四季の里旭志

f:id:iyoshihisa:20170909114530j:plain

熊本の県北エリアの市町村観光協会などが中心に開催されているキタクマ×アウトドアフェス。今回は、四季の里旭志での開催ということで、もろもろお手伝いに伺ってまいりました。参加人数の規模から駐車場は対応ができないので、麓にある仮説駐車場からのシャトルバスをご利用いただきながら、千人規模のご参加があったのだとか。

いろいろな体験ブース、野外ステージでのショー、地元の美味しいものを集めた飲食ブースなど、芝生広場いっぱいにお祭りな一日で、野外ステージでのショーでは、仮面ライダーエグゼイドの講演も。小さなお子さん連れのご家族で賑わった一日でした。

私どもの関連では、ニジマスのつかみどり体験ブース他を提供させていただいておりましたが、各ブースともおかげさまでご盛況いただいたところです。

ひとの集まるイベント、集まらないイベント。

今回のイベントは、どちらかと言えば、ある程度、ご参加の多いイベントだったのだろうと思いますが、集まる集まらないの違いはなんなのか?

飲食ブースなどでは、対応が間に合わず、提供スピードが追いつかない、材料がなくなってしまうなど、予想以上のご参加だったようで、何が良くて、何が課題だったのか。。良いご機会をいただいたなぁと。。