今日できたこと。

スポーツが好きです。新しいものが好きです。古いものが好きです。お酒が好きです。忘れることが得意です。ゴルフに熱心になりたいです。

組織の再編・会議体の整理

f:id:iyoshihisa:20170725181218j:plain

現在お世話になっているNPOで、今回理事会の再編をテーマに、ちょっと資料作りをさせていただいていいて、組織の現状、背景、今後の展望、現在の理事会機能、構成、その他。。もろもろの要素から、マイナーチェンジを行う方向と、理事会を補佐する会議体を設置する方向のふたつでちょこちょこと。。。

それで、何となくなーーー。。。。と個人的には、思ったわけです。

何だか、会議会議って、時間はかかるのに、その会議の中身が、どのようにどう活かされていって、本当に組織経営に活かされてますか?って。。。いう疑問があって、現代的なコミュニケーションツールが様々ある中で、それがどの程度必要かっていう話。

ただ一方では、Face to Faceでちゃんと会って話をすることも重要だなぁと思ったりもするわけです。スカイプを含め動画で通信できるので、ある程度は問題ないと思うのですが。

会議なんてしなくても、必要な情報交換、情報共有を必要なメンバーとやり取りしながら、仕事って進んでいくんじゃないのかなーと思っていたもので。。

つい、今やってるこの取組って、ちょっと古いんじゃないのかなぁと、いる?その会議?みたいな感じだったんです。

そういえば、かれこれ20年ほど前。。あるNPOでお世話になっている頃。。そのNPOは、明治期からの歴史のある組織で、有意義な活動を実施されていたのですが、やはりいろいろな意見の食い違いや、コミュニケーション不足など、課題として捉えられていて、私がお邪魔した頃。。。まさにこのテーマ。。ざっくりいうと「会議体の整理」という中身で、「たくさんある会議」で、何が語られていて、そこで語られた内容は、どのように経営に反映されているのか?というようなことを、複数の視点から調査させていただき、責任や権限、他の会議との繋がりなどを整理し、課題と改善点などをご提案させていただいた事を思い出しまして。。。

あ。。20年たっても、変わんないなぁ。。。と。

いろいろな立場で、いろいろな組織にお手伝いに伺っておりますが、同じようなことが、同じような組織の中で、同じように起こってしまうのだなぁと。。

あれ、私がお邪魔するからそうなるのかな。(^_^;)。。

なるほど。。そもそも、解決すべき課題は、そこにはないってことか。。( *´艸`)フフフ

空気を読む。

f:id:iyoshihisa:20170723131504j:plain脇役ご指名の会合で、主役になることは、空気を読んでいない参加者という事で、与えられた役割を全うしてない、気の使えないやつ扱い。。

日頃から、私自身は、自分のことをあまり主役だと考えることはなく、常に次の世の方々のための脇役であるという認識の方が多いのですが。

そうなると、じゃぁ私の周りに関わる人達は、その脇役の家族ということで、大切にされないのかと言えば、それは別の話で、私の家族それぞれは、それぞれの人生の主役であって、大切にされるべき存在であるという認識です。

ももちろん、ちょっと油断すると自分が主役じゃないかと勘違いする場面もあるわけですが、それはあくまでも勘違いで、私の時間を脇役として過ごしていくことは、割と楽しい、未来ある時間だと思っています。

もちろん、こうした考え方を誰に強要することでもないので、ああしろこうしろでもありませんし、以前の先輩からの言葉を借りれば、ひょっとしたら間違った考え方なのかのしれません。

ただ、実際には、脇役だからこそ、空気を読まず、気を使えず、という場面も多かれ少なかれ。。何も、いつも自分がへりくだって、誰かのためだけに時間を使って、自分のことを一切大切にしない、などという事とは別のことなのですが。

いえ、以前お世話になった先輩から「自分を大切にしない人に、他の人を大切には出来ないのではないか?」とお教えいただいたことがあったものですから。

先輩方に対して、敬う態度を持って接することはとても大切なことだという価値は、私も同感で、できるだけそのような態度が取れるよう心がけているつもりです。むろん、協調性について、自分の与えられた役割について、精一杯務めさせていただこうと、取り組んでいますが、そのような態度の中でも、「気の使えていない、空気の読めていない」という場面があるようで。。。

その辺りが、私の気遣い、空気を読む限界なのかなぁ。。。そこには、何があるのかなぁと、ちょっと自分自身にも興味を持った、ある出来事があった日でした。

熊本のバスでも交通系ICカードが使えるようになってました。

f:id:iyoshihisa:20170726081847j:plain

昨晩の会合に市街地へお伺いした際。。小峯から都市バスを利用させていただきました。ここ数年、江津から路面電車である市電を利用していて気づいていなかったのですが、どうやら昨年から交通系ICカードが使えるようになっているようでして。帰りも、バスセンターから最終のバスに乗って。

夕方の市街地向けのバスでも、40分前後くらいで、着いちゃいますし、この日だけかどうかわかりませんが、意外とすいていて、充分座れました。帰りも、最終とは言え始発のバスセンターから乗車しましたので、こちらも空席充分。片道300円くらいだったかな。。

便利ですね。(^▽^)r

教育サービスの中での学力

f:id:iyoshihisa:20170720105343j:plain

さる企業の方を囲んでの教育関係の方々の会食に参加してまいりました。

テーマは「子どもの体力」。。

子どもたちの体力低下?という課題に対して、これまでの体力テスト指標ではない新たな指標を提示しながら、体を動かすときの巧緻性に焦点を当てた取組について、皆さんとお話を。現取り組みについて前向きな発言が多く、さらに拡大発展させるにはどうしたらいいのかというお話もちらほら。

そこで出てきたのが「学力と体力の相関関係」。

体力の高い子どもは学力も高い。となれば、皆やっぱり体を動かしたほうがいいよね。となるので、そこを示すサービスができれば、もっと多くの方々に参加していただけるのではないかというお話。

さらに、発展して、そもそも教育とはという時によく出てくる「知育・徳育・体育」という3つの柱の中で、体育が他の教育に及ぼす影響も大きいのではないかというお話の中で、その知育「知」とは何かとなりまして。

以前、学生時代に学会の中で、伺ったお話。。えーーと 先生がどなただったか、たしか初めて伺った学会で、講演をされた先生だったと思うのですが。

20年以上前、その当時、「知育の「知」は、「知識と知恵」に分けることができ、通常「知識」のほうが重視されていて、学校教育の中でも知識を教えるという事が主流的な考え方であると、しかし、どちらかというと行きていく上では「知恵」の方が重要で、こうしたものは中々教えづらい、また、学歴社会の中になっては、知恵よりも知識が優先される現状なのだ。」とおっしゃってたのを思い出しまして。

あれから20年経って尚、おそらく、体力と学力に相関関係があって、そのトレーニングサービスを提供しますという時、その学力とは、いわゆる知識というジャンルの、テストの点数という指標に直結するものこそ、価値あるものと判断され、その勝ちに対する対価をお支払いになる顧客層はいらっしゃるだろうと想像するわけです。

しかしながら、それが知恵ジャンルのものが高められますよ。。という話だった時、そのProductをご購入いただける顧客層がいらっしゃるのか?と。ちょっと想像しづらかったりするわけです。

なぜか。

なぜでしょう。まぁ知恵ジャンルの成果指標が、はっきりしないからでしょうか?行きていく上で必要な知恵とはどんなものなのでしょうか?そこがはっきり示されて、皆さんに価値あるものという事がお伝えできれば、良いサービスになりますねーと、まぁ宴席での話です。m(_ _)m

身内の誕生日のお祝いに

f:id:iyoshihisa:20170720134439j:plain

明日が父の誕生日という事で、身内で食事に出かけてきました。明日で76歳。数えで喜寿となる歳。親子ともども、日々歳を重ねていきますが、まだまだ未熟なことばかり。今後共ご指導何卒よろしくお願いします。

振り返って考えて、30年前、父40代の頃。やはり今の私の様々な言動のもとになっているのはあの当時の父であろうと思います。何となく、「あ、今の感じ、似てるなーー。。」と自分でも感じることが増えてきました。父に習い。

伺ったお店の箸入れに書かれた言葉

「待ちさえすれば 何でも やってくるよ あせっちゃだめだ」

あせらず、やるべきことを積み重ね、家族に、お世話になっている皆様に感謝して、日々精進させていただきます。

業務改善推進室の取組状況

f:id:iyoshihisa:20170720164221j:plain

本日先ほど、お世話になっている仕事先の社長との面談に伺ってまいりました。

テーマは「業務改善」。年度初めから、ご提案させていただいた内容について、年度当初状況と現在状況の変化に応じた、本年度の取組についての確認を。

前回のお話から若干時間が空いてしまいましたので、今回は、前回までの確認と、現在の状況確認、今後の具体的取組について、変化する状況に対応した修正案をお締めするというところまでのお話で、どうにか。

社長との二人でのお話は、毎度毎度緊張しながら、意見交換については、言いたいことを言わせていただきながら。。。。私のような、未熟な人間が偉そうに何を。。というところではあるのですが。まぁ一応それでも、この辺りは割と私の勝負どころでもありますのでそれなりに。もちろん、ホールディングスの全体の事業が、より良き方向に進むために何が必要か?ということであり、そこに関わっていただいている多くの方々が、やりがいを持って働いていただける環境とはどんなものか?と言うことも含めお話をさせていただくわけですので、そういう意味では、何も怖いはずはないわけですが。

お話させて頂く以上は、しっかり情報収集しながら、勉強しながら、分析整理しながら、わかりやすくよりご納得いただけるご提案をお示しするというところに注力して。

ただ、最終的には、なんとなくクライアントとの信頼関係なのかなぁと。。

そう言っちゃうと身もふたもないのですが、どんなに分析しても、どんなに情報収集しても、「必ず、100%そうなる。」というご提案はできませんし、自分でもそうは思えないけど、そこを、根拠を積み重ねて、将来を想像した時に、こうなると思いますというメッセージをお伝えして、ある程度の範囲でそうなったり、ならなかったり。。

それでも、一緒に頑張ろうと思える方々だからこそ、ご一緒させていただいているのかなぁと、勝手に私のほうが思っているだけですが。。

まぁそんなだから、大した仕事もできず。。たいした成果も上げられずという、ご指摘に繋がるのかもしれません。あ。。こんな40代半ば。。

やる気は、人並み以上にはあるつもりで、まだ、燃え尽きてもないつもりですが、周囲の方々の評価はどうでしょうね。。σ(^_^;)..

あ。。。テーマから離れちゃった。。その話はまた別の機会ということで。

おじいさんは山へ芝刈りに

f:id:iyoshihisa:20170720144718j:plain

本日は、お世話になっている組織が管理している施設の一斉作業日。おじいさんは山へ芝刈りに、芝刈り機に乗って。

幸いにも、曇り空の中多くの施設からたくさんの応援スタッフとともに。中途半端なおじいさんは、楽させていただいて、芝刈り機担当ということで、皆さんとは別行動。できるだけ平らなところを、できるだけ広く、あちらこちらの広場を、ひとりもくもくとワンシーターのオープンカーに乗ってのドライブ。

これ、足が曲がった状態で、前へ後ろへコントロールするのに、意外と筋力使ったりして、だんだん関節に痛みが来る感じで、意外と大変なところがありはするのですが、まぁ作業量的には刈払機の数倍のスピードなもので、たいへん助かる機械です。

最近は、自動草刈り機なるものも開発、販売されているのだとか。

自然とともに活動させていただいている中、草を刈ったり、芝を植えたり。人間な勝手な都合ですが、自然の中での癒やしが私たちにもたらしている価値をありがたく頂戴しながら、感謝して、共に過ごしていけるように心がけたいと思います。

おじいさんは山へ芝刈りに。p(^_^)q