今日できたこと。

スポーツが好きです。新しいものが好きです。古いものが好きです。お酒が好きです。忘れることが得意です。ゴルフに熱心になりたいです。

ちょっと汗をかきたくなって久しぶりに練習場へ

f:id:iyoshihisa:20170624161506j:plain

今日はパソコンとにらめっこのイチニチ。だんだん体が固まってくるわ、目がシパシパするわ、脳の回転数は落ちてくるわ。。。あーあー。。。とちょっとSNSに目をやると、何やら今日はオリンピックデーという事で
#総合型地域スポーツクラブ
#地域でスポーツしませんか

というタグが、つらつらとタイムラインを流れてくるもので。。。

よし。。。ちょっと汗かきに行こう。。何かな。。。歩くかなぁ、走るかなぁ。。。。いやいや久しぶりに行ってみようという事で、ゴルフ練習場へ伺ってきました。

最近仕事の先輩が、仕事関係の方々に影響を受けて何やら熱心に練習されているそうで、スイングのコツや練習の方法などちょいちょい話題にされていたもので、私もちょっと振りたくなってた今日このごろ。先週末の全米オープンもあわやという盛り上がりでしたし。

本日伺った練習場は、こちら。「ゴルフレンジセブンツー」

http://net-u.co.jp/others-golf.html

平日、時間無制限の打ち放題、ビジター料金が1,200円。お安くないですか?ねぇ。

まぁそうは言っても、そんなに数打てるわけじゃないですが、前払いで支払いを済ませて打席へ2時間位汗をかいてきました。

最近のテーマは、インパクトのイメージ作り。10y-20yのアプローチからドライバーまでのすべてにおいて、インパクトにおける共通部分をイメージできるように自分に刷り込む反復練習。

練習の7割は30ヤード以内の距離のウエッジでのアプローチのインパクトをきちんと作ること。形で言えば、そのスイングをする時の上半身の運びや重心の運び、スタンスの広さや開き方に関係なく、インパクトのときのボールとフェイスのコンタクトの瞬間に緩まない形を作ることを考えつつ、かつ、できるだけリズムよく、割とゆっくり、クラブの重さを感じつつ、体の回転でボールを捕まえていく感じ。。

クラブが長くなったり、飛ばそうと力が入ると、どうしても、リズムが早い方へ崩れて、グリップが緩んだりコックが緩んだり、体が伸び上がったり、とバランスが悪く、インパクトも緩んでしまう。。

短い距離のアプローチですが、腹筋や背筋を意識してスイングしていると、まぁ結構な汗をかけたりして。

だんだん飽きてくるので、たまを左に曲げたり右に曲げたり、高く上げたり、低く抑えたり、平らな練習場のマットの上で、スクエアなアドレスだけの練習では、芝の上にお邪魔したときのイレギュラーライには対応できないので、平らな中でもいろんなアドレスを取りながら、球筋は違ってもインパクトは緩まないようにスイングできる反復練習を1人繰り返し。。(´∀`*)ハハ それでも流石に飽きちゃいますかね。

後は、インパクトの気持ちよさを感じつつ、ヤード表示の的に高く低く、右から左から当てるゲームが始まって。もちろん、ほとんどあたりませんが。(*≧▽≦)σ!

まぁそれなりに、楽しく汗をかいてきました。。

まぁそれでもですね。
ひとりでこの時間を過ごしていること。ちょっともったいないなぁと。。誰かとああでもない、こうでもないとお話しながら、ああした方がいい、こうした方がいいと教えを請いながら、ゴルフじゃなくても些細な日常の会話ができたら、もっと楽しいだろうなぁと思ったりもするもので。

共通の趣味の方、同じ地域に住まう方と、サークル活動として体を動かす。スポーツをしながら、汗をかきながら、楽しく「笑う」。あっ、これがほしいと思った次第で。

それこそ総合型地域スポーツクラブじゃないっけと。。。

ちょっとゲリラ的にサークルでも立ち上げてみよっかなぁ。ゴルフサークル「BONESKNOW@108.GOLF」(;^_^A ・・ダジャレか。まぁこれでd(^_^o)

お店の名前を冠したナポリタン

f:id:iyoshihisa:20170624155006j:plain

昼過ぎまでかかった外作業の片付けを済ませ、遅目のお昼をどこかでと、山鹿市市内を車で走っている最中。「何食べる?」という話になり。。。うーん。。一緒のメンバーのうちの車を走らせているドライバーの頭のなかにはある程度イメージはあるようなのですが、助手席に座るナビゲーターがそこじゃだめのようで。

何が食べたいかと聞かれたら。。。そうだなぁ リゾットかなぁ。。という話になり、通り沿いで、リゾットを出してくれそうなお店をGoogleさんにお聞きしてみたら、

ポポロというお名前のイタリア料理店を教えていただきましたので、お邪魔してまいりました。

https://tabelog.com/kumamoto/A4303/A430301/43006345/

遅い時間に開けていただいていたので、早速中へ。

メニューも色々と美味しそうなラインナップで提供されていたのですが、残念ながらリゾットがなく。。。。それではと、お店の名前を冠した「ポポロ風ナポリタン」を注文させていただきました。遅い時間ということもあって、女性の方がお一人でやっていらっしゃって、客も私たちの前にお一人、私たちが入ってからお一人。テイクアウトのお弁当も提供していらっしゃるようで、後から来た方はお弁当をご注文でした。

出てきたナポリタンが、上の画像のもの。

健康に配慮されているお店という掲示が店内にされていましたが、なるほど薄めの味付けで、ケチャップの酸味、ウインナーの塩味でいただくあっさりスパゲッティ。

いろんなパスタメニューがある中で、初めてお邪魔したお店にも関わらず、なんとなくこのお店ならこのパスタかなぁという先入観で頼んだお昼ごはんでした。

今どきというよりは、地元の方に愛されるお店な雰囲気作り。

壁には、たくさんの絵画がかけられており、地元の方々の作品のようでした。そういうご趣味の方の憩いの場なのでしょうか。お弁当をご注文の方も「最近絵をかけないほど忙しくて」とおっしゃってました。

お店の雰囲気の作り方。これもまたひとつと勉強になりました。(*u_u) 。。

日本ゴルフ学会九州支部理事会。。。。(^ - ^*)フフ♪

f:id:iyoshihisa:20170624185438j:plain

昨日まで行われたUS.OPENでは、松山選手が2位タイという好成績。あと数ストロークというところでしたが、2日目、4日目のラウンドは、とても素晴らしいものでしたね。72ホール目にバーディを取った瞬間には、首位と2打差と言うこともあって、盛り上がってしまいました。ゴルフ。行きたいですね。

という事で、本年度の第1回理事会が開催されました。

ゴルフ学会。えっ?何それ。。。ゴルフ学会って?てなりますよね。

日本ゴルフ学会

日本ゴルフ学会の創設が、1987年(昭和62年)九州支部というか、名称も「九州ゴルフ学会」としてその数年後に活動を開始して、学会大会も昨年度が25回目を数え、本年度も継続して26回目の学会大会が開催される予定です。

九州の学会大会では、概ね2日間で開催され、初日が基調講演やシンポジウム等をメインとして夜の情報交換会。二日目にフィールドフォーラムという事で、九州各地のゴルフ場のコース上でのセッション。これが、例年のプログラムです。過去には、プロゴルファーによるレッスンやゴルフメーカーの方からのクラブの紹介などを含め、幅広い情報提供、活動が行われてきました。

加えて、日本ゴルフ学会の大会があるのですが、そちらは3日間から4日間程度。

内容も更に充実して、研究発表やブースの展示、フィールドフォーラムもオプションで2ラウンドとか。日本大会になると100名を超える方々がいらっしゃったりして。

本日の理事会では、その日本ゴルフ学会の事務局の方から、30年度に九州で日本学会大会を開催してもらえないかというオファーがあったとか。

私自身も、学生の頃よりお手伝いさせていただいておりまして、近年は恩師のところに九州支部の事務局があるものですから、その運営に長く深くお付き合いさせていただいております。

とはいえ。。。

九州学会の会員数は現在30名程度。九州の学会大会参加者も、これ前後の方々がいらっしゃる会になっておりまして、理事の先生方も、あの頃から25年。会員の入れ替わりも少なく、会員、役員含め高齢化し、活動そのものも少しずつ縮小しながら、細々と続いているような状況の中、以前のような大々的な学会開会をイベントとして開催できるかというと、たしかに資源的な部分を含めて、一抹の不安がありまして。

本理事会でも、お受けするかどうかというところから、協議がなされました。もちろん、いろいろな実績をお持ちの先生方ばかりですので、あちこちの繋がりからお声掛けいただける状況ではあるのですが、いかんせん実際の運営スタッフの部分が手薄でして。さてさて、このままだと、どこにでもあるようなお話になりかねないなぁというまぁまぁ危機的な状況です。

この状況は何も今に始まったことではありませんので、ここ数年は、サポートさせていただいているNPOの連中とも、どうにかするかなぁ。。。と話してはみるものの、とりあえず、先生方がお作りいただいた学会でもあり、先生方のご意向に沿って、粛々と進めるというのが、私たちサポーターの役割かなぁと落ち着いてきました。

それでもそろそろ。。

前回日本学会をお受けした時には、役員の先生方も、まだまだお元気で、現役で活動されていたのですが、体調を崩されたり、大学の現場を退かれたりしている近年。理事会の協議内容も、課題は積み上がるばかりでなかなか解決に至らないという現状の中、そう若くもない私どもが、何かしらご提案をしながら、進めさせていただくというようなことも考えていくべきタイミングかなぁとも思える日々。

「日本ゴルフ学会九州支部」や「九州ゴルフ学会」という名前で作り上げられてきたものを、そのまま継続は難しいにせよ、ちょっとテコ入れしながら、新たな付加価値、体験価値、そして新たなブランドイメージ戦略を練りつつ、生まれ変わらせていく事ができないかなぁと、ちょっと考えてみたりしながら。。

ずっと踏み出せていない、一つの部門。必ずしもアカデミックな感じでも無いんですけどね。ひとつのスポーツ振興イベント的な感じになってる気はします。

九州ゴルフ学会。(ノ∀`*)ノ。。。毎度毎度。

熊本県南関町でのスポーツイベント会議

f:id:iyoshihisa:20170624193301j:plain

ヒックル・ミックル・モックルと言えば、1999年(平成11年)に開催された「くまもと未来国体」のキャラクターマスコット「ひのっこ」。火山である阿蘇の熱き赤、緑豊かな熊本平野、豊富で、美味しい水のまちくまもとをイメージするみっつの妖精?とかでしたっけ?、ちょっと検索かけてみましたが、なかなかその由来までは出てこないですね。ちょっと古いからかな。。
このキャラクターの着ぐるみ、まだ熊本県体育協会にはあるんでしょうか。お世話になっていた頃、街頭募金のイベントの際に、私も中にはいって参加させていただいた貴重な経験が。。。背中には小さな扇風機がついていたのですが、まぁ暑いのなんの、肉体労働に違いはなかったですが、わりと子どもたちは寄ってきてくれたような記憶があります。

本日お邪魔した南関町の公民館の一角に、最初に掲示した画像。そのひのっこの何やら重たそうなグッズ。。中央の丸く穴の開いた部分に、何やら入れて使う感じですが、植木鉢とかだったら、ちょっと仰々しいくらいのサイズなので。。何に使うんだろうと会議前にパシャリ。

まだ、疑問は解決しておりません。(^_^;)

本日南関町にお邪魔したのは、スポーツ庁の推進のもと取り組まれている「地域スポーツコミッションの活動支援」(地域スポーツコミッションの活動支援:スポーツ庁)の一環として開催されるイベントの会議へ参加させていただくためでした。この活動支援は、1)スポーツツーリズム、2)地域のスポーツ大会、3)大会誘致。4)合宿・キャンプ誘致の4つを柱に、地方自治体、スポーツ団体、企業等が一体となり「する」「みる」「支える」スポーツやスポーツを観光資源としたツーリズム等による地域活性化に取組むために組織された「スポーツコミッション」への支援として行われているそうで、南関町でも「(仮)なんかんいーと・らん・ラン・RUN!」というテーマで、いわゆるFunRunと言われるジャンルのスポーツイベントをやってみよう!!と現在準備されているところ、私どももそのお手伝いに伺ったという次第です。

ここのところ、「COLOR Run」や「BUBBLE Run」など都市部において、走るということそのものよりも、別の非日常的な体験を売りにしたイベントが開催されていて、若い世代の方々の参加も多いのだとか。こうしたFunRun的なイベントを、子どもたちの体力向上、スポーツとの距離感、スポーツを好きになってもらうというよりは、好きなものを増やして、遊びながら楽しみながら汗をかいたり、笑ったりしてもらうというそういう意味合いのものとして開催してみるというのは、悪くないなぁと思ったりしているのです。

そう言えば。。。先日、スポーツ庁から打ち出された「スポーツ嫌いを減らす」旨の方策に対して、賛否両論あったという記事を拝見しました。「スポーツだけが人生じゃない」「スポーツするのは大事だけど国が決めるようなことではない」とか。


私も「生涯スポーツ」というカリキュラムを、スポーツ関係ではない学科で集中講義させて頂く機会があるのですが、「スポーツ嫌いなひとー?」と聞くと、だいたい数名は必ずいます。だからといって「えー好きになってよ~」とは、なんとなくならなくて、「スポーツはまぁ嫌いでもいいけど、楽しいことをスポーツだと思ってもらったらそれでいいかなぁー」みたいな感じで。そしたら、楽しいと思ったことを「音楽だと思ってもらったらそれでいいやー」と言い換えることもできるし、「食べることだと思ってもらっても。。」いいと言われればそうで、まぁその程度のこと。

私は、スポーツ庁の人でも教育委員会の人でもなく、プロのスポーツ選手でも、スポーツコンサルタントでもなく。スポーツトレーナーでも、学校の先生でもない。

ただのスポーツ周辺で、色んな人にお世話になりながら生きてきて、生かされてきて。今だにその周辺をウロウロしている人。これからもウロウロしようとしている人。

「EATRunがスポーツなのかどうか」これをスポーツじゃないという人と、これもスポーツという人がいると、まぁそもそも、じゃスポーツって何ってところから、話が始まれば、それはそれで素敵なお話なのかなぁと、何にしてもこうしたことが話題になるって、ありがたいことですね。(*^-^)ニコ

父の日のプレゼント

f:id:iyoshihisa:20170624140217j:plain

今日は父の日。

父の日に家にいるのは、私にとって稀なことですが、今年はたまたま。前日の土曜日から子どもたちと過ごす時間。久しぶりに家族でIICHIKOグランシアタまで出かけて帰ってきた午後、次女がすっと部屋へこもって、静かだなーと思ってたら、「はい、プレゼント。」と持ってきてくれました。

嬉しいプレゼント。がんばってのメッセージ付き。

この週末色んな話をしたり、一緒に卓球やったり、家の手伝いをやってたり。確実に成長している彼女の振る舞いがじんわり嬉しいなぁと思ってた矢先の出来事に、「あっ、ありがとう。。」とちょっと照れくさく、感謝の言葉を返しました。

そう言えば、私が折々のプレゼントを渡したときの彼女の反応も、こんな感じだったな。(*^-^)ニコ

吹奏楽フェスティバルへお邪魔してまいりました。

f:id:iyoshihisa:20170624144942j:plain

IICHIKOグランシアタで開催されていました、吹奏楽フェスティバルへお邪魔してまいりました。長女が参加させていただいておりまして、その演奏を聞きに伺ったのです。

あまり時間もなかったので、彼女の団体とその前後3つを拝聴しました。音楽そのものについては、専門家でもありませんし、むしろちょっと縁遠い方ですので、その良し悪しなどはわかりません。何となく「こうかなぁ、ああかなぁ」という感じで、彼女の姿を眼にしたのですが、こんな立派な施設で、こんなに沢山の人達が関わっているイベントで、堂々と担当する楽器を演奏している姿を見て、涙腺のゆるい私の目尻からは、涙がこぼれてしまいました。

「立派だなぁ。。」

前の夜、彼女が過ごす学校での生活の様子を話したり、生徒会のことを話したり、「まじめと不真面目」の事を話したり、孔子論語のことを話したり。首都都心の有名私立の進学校に通う中学生と、離れ島の小さな公立中学校の分校に通う中学生とどちらの悩みが「大きい、大変だと思う?」という話とか。。

もともと私自身も、彼女に対して、子どもというよりもむしろ、ひとりの人間、大人?として、話をしてきた感覚があったのですが、どのテーマの話にしても、彼女は淡々と自分の意見を主張し、私の意見をしっかり受け止めてくれました。

そんな彼女が演奏するの姿を見て、ホロリと。

彼女なりには不満の残る演奏だったようですが、まぁこんな私にとっては「ええもん見せてもらいました。」という日曜日の午後。

確実に成長している彼女に、恥ずかしくない保護者として向き合えるように、日々精進して参りたいと思います。

ほんと、久しぶりに献血しました。

f:id:iyoshihisa:20170624220823j:plain

本日、かなり久しぶりに献血することができました。持っていた献血カードが古いのなんのって、担当の方に笑われるほど。。。まぁそれくらい久しぶりだったわけですが、400ml献血のもろもろのハードルをクリアして、無事、血を抜いてきました。

どちらかと言われると、注射針を刺されるのはあまり得意な方ではありませんで、看護師さん方にも、ご心配いただきながら、どうにかこうにかだったのですが、自分の順番を待っている間、針を刺されるまでの間、どうやら「あおーい」顔をして、そわそわしていたらしく、「相当苦手なんですね?」とお声掛けいただきながら、お話してきました。血液を採っている最中も、ちょっとした脚の運動があったり、採血が終わった後にも細かいルールがあったり。

若干珍し目の血液型なもので、「年に3回位は来てくださいね(*^-^)ニコ」と念を押されながら。

今回、採血中に看護師さんとお話した話題の一つ。「血圧が高いと採血時間が短いのか?」。。

血液を送っている圧が高いのだから、外に出てくる血液の量も多いでしょと思っちゃったのですが、「そもそも血圧の高さは、心臓からの拍出の力云々以外にも、たくさんの要素があって、どちらかというと、血管の硬さとか狭さとかの要因のほうが多いので、あんまり関係ないんですよ」ってなもんで。「緊張してたり、力が入っていたりすると血管が縮むので、遅かったりするんです」とおっしゃってました。

なるほど。

できるだけリラックスして、落ち着いて呼吸して、力を抜いて。。比較的順調に、血を採ることができました。(あっ。。先に始めていた他の方より、早く終わったのでそう思っただけです。)

血液を提供できるほど、健康体だと思えば、これも一つの目安として。。(血液検査の結果なども返ってくるそうですが。。)なんとなく、爽やかになれた、そんなひとときでした。(^_^;)