スポーツという文化を考える時「美」という視点が与える活動

f:id:iyoshihisa:20171020114836j:plain

スポーツジャンルでお世話になっている私。数々のプロダクトとの出会いをいただきながら、またご一緒させていただきながら。どちらかと言うと、楽しみのためとか、健康づくりのため、競技力向上のためとかの目的を持って、体を動かす。その体を動かす場面を作り続ける。そういう仕組みを作る。とか。そして、より魅力的な商品にするために、必要なデザイン。工夫。物語。何だか、そういう切り口で、そういう立ち位置でお手伝いをさせていただいてきたような気がします。

そこへ新たな視点。「美容家」という肩書でお仕事をされている方とお話させて頂きました。

「美」は、もはや市場としても男女問わず確立されてきている業界。健康食品、エステティックサロン、フィットネスジム、マッサージ、美顔機、ダイエット食品、衣装、化粧品、メイクアップ教室、スタイリスト。。。その他。。。ド素人の私など考えの及ばないところまで、まぁ考えようによっては、「美」を軸にしてその周辺にあるサービス、プロダクトも多種多様で。。。そうした諸々をつなぎ合わせて提供する仕事。美しくなることで、新たな挑戦、次のステップ、人生をより楽しくする。そういう発想で、色んな分野の方々との活動をなさっているのだそうです。

以前、お伺いしたEATRunイベントの折、ある大学の先生との話題の中で、ファッションショーを地域のスポーツイベントの中でやったらどうですかね〜。みたいな話になったことがあるのですが、かっこよくメイクアップしたモデルさんがスポーツウエアを来てウォーキングしたりランニングしたり。そこで、モデルさんが来ていたウエアが買えたりして。そういうのをセットにしながら、いろんな方に楽しんでもらって、体を動かすことをより身近に、かっこよく、美しく感じてもらう。そういう視点が、新たな顧客を得ていくきっかけにもなるのかなぁなんて考えながら。

20代後半の彼女。キラキラ輝いて見えました。とても楽しそうに仕事の話をしてくれて、こういう生き方働き方。20代、30代向けの資産形成の話もできるんですって。マルチな才能をいかんなく発揮して、あちこちで活躍する姿。いろいろと勉強になりました。(*^-^)ニコ

 

スポーツNPOに関わる職員の方の事業への姿勢

f:id:iyoshihisa:20171015162356j:plain

沖縄県の地域スポーツ振興関係の事業にお邪魔してまいりました。地域で活躍されているスポーツNPO、特に総合型地域スポーツクラブの関係の方々の運営のご支援ということで、3つの柱で構成されている事業なのですが、その中のひとつとして、クラブの経営運営に対する相談事業として、面談の時間をとるために奥武山公園にある県体育協会の施設の一室をお借りして、複数クラブとお会いする時間となりました。

クラブの成長過程や、地域背景、組織の成立背景など一口にスポーツNPOや総合型地域スポーツクラブと言っても、その業態や営業状況、また関わりをお持ちになる関係者の方々の方向性や価値観など、かなり多様なのですが、いろいろとお話を伺いつつ、NPOとしての地域での活動継続のために今何が必要なのか、次に繋がる一歩は何なのか?というところをクラブの方々とともに考える貴重な時間となりました。

その中で、あるクラブの方とお話をしている際におっしゃったのが「前回の面談の折に先生に言われたことで何か吹っ切れました、今まで、やらなけいけない、やって赤字だったらダメだからやれない、人が集まらなかったら困るのでやれない、そういう思いばかりが先行して、仕事が苦しいばっかりだったのですが、そうではなくて、集まれるところからやる、集まれるだけでやる、おふざけでもいいから楽しくやればそれでいいということがわかって、凄く気持ちが楽になりました。」という言葉。

何かしらある事業に関わる際に、あれをしてはダメだ、こうしなくてはいけないと考えてしまうと、どうしてもその事業に対して積極的になれないのに対して、事業すること事態に自由度があって、例えば不純な動機があったりして、自分も楽しいやってみたい中、その事業をどうしたら楽しく進められるか、そうたくさんの人数が集まらなくても実施できたり、赤字にならない仕組みがあったりすれば、そういう事業に対しては楽な気持ちで担当できたり、実際もっとやってみたいという思いが生まれたり。

そのNPOやクラブの適正な発展過程にあって、もちろん色々な考え方の中で事業への取組を行われるものと思いますが、個人的には、どんなに大きくなっても、どんな状況でも、「仕事を楽しんでやる」という姿勢は、とても重要な事であろうと思えた瞬間でした。

何故楽しく出来ないのかは、いろいろな要素があると思いますが、今回のケース。意外と多くの場面、多くの現場に適用できるのではないかという感じがして。。いいお話を伺えたなぁと思ったことでした。(*^-^)ニコ

国際通りからちょっと入った一角にある「そら食堂」

f:id:iyoshihisa:20171016143053j:plain

ここのところご縁のある那覇でのお仕事。本日よりのスタートということで最初のランチを一人。国際通りからちょっと入った路地の一角で、ちょうど沖銀の裏側あたりにある「そら食堂」というジャークチキンの美味しいお店のカウンターで頂いてきました。

今回の土曜日までのスケジュール。がんばっていきます。o(^▽^)o

街ナカでのグランピング体験にお邪魔してきました。

熊本市内の中央街から徒歩5分。白川沿いのビルの屋上で提供されているグランピング体験にお邪魔してきました。

この日は、お世話になっているNPOの皆さんとの会合ということで、どちらかと言うと話に夢中になってしまって、ほぼほぼ写真を撮る余裕もなく。

reserva.be

こちらのスカイテラスさんというお店に15名前後で、ちょっと遅めの20時から。会費5,000円で、貸し切り3時間。飲んで食べて、市街地の灯りを背に、楽しいひと時を過ごしてきました。私はテントの中で寛ぎながらお話するという感じだったので、いろんなアクティビティはほとんどおまかせだったのですが、

f:id:iyoshihisa:20171017095439j:plain

こんな感じのお肉をいただきながら。

うーん。。もう一回行ってみないとわかんないですかね。σ(^_^;)..

中津三光のコスモス祭りスタートしました。

f:id:iyoshihisa:20171016174611j:plain

この週末からスタートしている中津三光のコスモス祭り。地元の方々のご協力の下、長い準備期間を経て毎年開催されているこのイベントにお邪魔するようになって、6年ほどになるでしょうか。週末ともなると駐車場は一杯で、シャトルバスにも乗れなくなるほど。遠目の駐車場から歩いていらっしゃるお客さんも多いのだそうです。

そんな、平日初日にイベント会場づくりのお手伝いやブースでのサービス提供のお手伝いにお邪魔してまいりました。休耕田を利用して開催されている会場では、土の上にウッドチップを撒いて雨の日の水対策と雰囲気作りでブースの皆さんと協力しながら。。

地元の地域組織の方々や店舗から出店の方など、毎年いらっしゃっているという方々も多く、なんやかんやお話を伺いながら貴重な情報も。おっしゃるには「お客さんは以前と同じように多いけども、お店でお買い物をするお客さんは圧倒的に少ないよ。以前であれば、商品が足りなくなって追加で持ってきてもらうことも多かったけど、今はまったくない。コスモスは見にいらっしゃるけど、お店は素通り。買い物したり食べたりする人はものすごく減ったね〜。」とおっしゃる先輩方。

社会経済を反映してのことか、提供される商品の問題か、出店されるお店も年を追うごとに減っているということで、いらっしゃる方々にご満足いただけるものにするために、何かしら次の一手、さらなる魅力が求められているのかなぁと思いつつ。

いずれにせよ、今年の見頃は20日前後とのこと。しっかりお手伝いさせていただきたいと思います。(^▽^)r

課題だった距離、数年ぶりのイーグル

f:id:iyoshihisa:20171017095936j:plain

ここ最近課題だった200ヤード前後から上の距離。どの状況でどの番手を使うのかで、いろいろ迷いながら、アイアンなのか、ユーティリティなのか、フェアウエイウッドなのか。4Iからドライバーまでの間をどう埋めるのかというところで、3I、4U、3U、2U、4W、3W辺りの組合せをコロコロ変えながらという感じだったのですが、実際のラウンドのことを考えると、この距離。実際にはあまり残らない距離というか何というか。

200ヤード前後のPAR3のホールで使うか、長くないPAR5の2オン狙いか。長いPAR4のセカンドで使うか。。何れにしても、レギュラーティから周らせていただいて、1ラウンド中に2,3回巡ってくるかどうか。尚且つ、そんなに飛ぶ方でもないので、そろそろPAR5の2オンは諦めようかなぁと思い始めている中、1Wで、多少距離を落としながら打てるのであれば、もはやフェアウエイウッドはいらないのではないかと言うところ辺りに落ち着きまして。

最近セットを1Wの下はユーティリティからアイアンへということで、2U(18度)以降を入れ、4Iと4Uを被せて入れるというちょっと無駄目な組み合わせにしてみました。

この距離をはっきり諦めてしまうと、ラウンドの組み立てもはっきりするので、いらなぬプレッシャーから開放され、かえって勿体無いミスが減るんじゃないかと目論んだわけです。まぁつまんないと言えば、そうなりますね。でも。。。まぁなんというか、アマチュアで競技に出るようなこともしないゴルファーの私は、そこが一貫してやれないので、いつまでたってもスコアをまとめきれないのだろうなぁと思いつつ。

本日のラウンド。あるPAR5のティショットがgoodショットでほぼフラットと感じれるフェアウエイをキープして、残り距離220ヤード。上り下りなしで、フォロー気味の風、ピンもグリーン右側の花道から転がった先の手前10ヤード以内の位置、ハザードはグリーン左に池、手前はグラスバンカー的な窪みがある程度とリスクも低い状況で、ただ入れているクラブで一番飛ばせそうなのが18度の2U。。まぁ行かない距離じゃないけど、くらいの感覚なので、100ヤードを2回打つよりプレッシャーはかかるショット。諦めたはずの2オンでしたが、まぁ狙えそうだと言うことで、チャレンジした結果。稀に見るgoodショットで、落ちどころも良かったんでしょう、花道から転がって2オン、ピン手前4mほどの若干上り、微妙にフックラインのイーグルチャンスに付け、キレイにカップイン。一緒にランドしていた方々と久しぶりに興奮しました。o(^▽^)o

イーグルなんていつぶりかなぁって考えて思い出すのは2つくらい。でもどっちももう10年位前じゃないかなぁってくらいで。本当に久しぶり。

これから少しずつシーズン後半を迎え、気温も下がっていくと思うので、ますます飛ばなくなって2オンなんてチャンスは減るだろうという中、こんなことがあると、欲かいて狙えるのか。。。なんてまた考えたり。さて、この200ヤード前後からもうちょっと上までの距離。そんなところを考えたりするのも楽しかったり。今シーズンは好調キープ中です。( *´艸`)フフフ

EAT-Runランらん イベントへ

f:id:iyoshihisa:20171009113807j:plain

熊本県南関町で開催されたEAT-Runにお邪魔しました。

このイベント、4キロのコースを走ったり歩いたりしながら、10箇所程度のブースを回り、食べたり食べたり、食べたり、体験したり。県内はもとより県外からも多数ご参加いただき350名程度。イベントスタッフとしても様々な大学から総勢50名を超える学生さん方にもご参加いただき、無事終了することが出来ました。

会場では、OPENINGから吉本興業のタレントの方々にアナウンスしていただきながら、岡崎朋美さんにもお越しいただき、一緒に走っていただいたりしながら、この時期にしては暑い一日に汗をかきつつ、楽しい時間をお過ごしいただけたのではないでしょうか。

今回が第1回ということで、来年以降も継続してより充実したイベントになっていくよう、今回の課題を整理しつつ。。他のエリアでも開催できていくと、面白いかなぁとお話しつつ。。