夏祭り、盆踊り、花火大会、生ビール。日本の夏。

f:id:iyoshihisa:20170815180444j:plain

熊本の田舎で開催されていた、夏祭りにお邪魔してきました。県外から訪れた子どもたちも、誰にも合わなくていいから、気兼ねなく参加できると、一緒に打ち上げ花火の直ぐ側の会場まで足を運び、真下から見上げる程の近距離で、私も、生ビールを片手に、しばし日本の夏のひとときを、満喫してきました。

会場には、地元の方や近隣の方が多く集まっておいでで、どれくらいいらっしゃったんでしょうか、ここ最近、日が落ちた後の暑さも少し和らぎ、若干過ごしやすくなったようにも思える中、浴衣姿の方々の涼しげな雰囲気もまた、THEお祭りの雰囲気づくりに一役買っていて、こうした賑わいが、このエリアにも作られていることが、この地域に住む方々の、地域的な繋がりを感じるワンシーンになっていて、多世代で祭りを支える仕組みが、いろいろな課題を乗り越えながら、この時間に結実しているeventだなぁと、この時間を楽しめる価値も、この時間を作り出すプロセスの価値も、この地域にとって重要なものなのだろうなぁと、ちょっと真面目なことも考えつつ。

まぁ とりあえず、花火を見ながら、生ビールが飲めるというこの幸せを感じて、夏のピークイベントを堪能してきましたという、お話でした。(*^-^)ニコ

学生の頃からのお付き合い、ご結婚ということで。

f:id:iyoshihisa:20170815184419j:plain

学生の頃からのお付き合い、あるボランティア会場で知り合って以来、様々なボランティアや色んなイベントに一緒に参加して、楽しいひと時を過ごした学生時代。卒業した後も、ちょくちょく参加してくれて、結局、うちの法人に就職までしてくれた彼女。

結果的は、就業1年目に、「おめでた」ということで退職されることになりましたが、そういうご縁で、披露宴にお招きいただきました。

とても幸せそうなお姿を拝見して、あぁ良かったなぁと。とっても楽しそうだなぁと、そういう時間を共有させていただいて、私もいい時間を過ごさせていただきました。

で、せっかくお招きいただき、彼女のめでたき席だったのですが、今回お邪魔した披露宴会場のホタルのSTAFFの方が。。。なんでしょうね。ちょっとお忙しそうで、食器の扱い方やドリンクのサービスやらの質的なところでちょっと、お隣の方とも話題になりまして。。。まぁそのあたりは、いろんなご事情もあることだろうと思いつつですが。あっ画像のデザート。美味しかったですよ。ええ、ほんとに。

何はともあれ、おめでとうございます。末永くお幸せに。(*^-^)ニコ

新規の事業をどのように作ったらいいのか?

f:id:iyoshihisa:20170816091811j:plain

ここのところ、熊本を中心にしている仕事からさらに発展して、九州内の様々な方々とお会いしながら、私たち組織にできることは何か、どこにどの様にチャレンジすればいいのかなど、模索する中、福岡で同様の内容での打合せに伺ってまいりました。

言えば、私の仕事の営業活動ってことになるのでしょうか。

スポーツをキーワードとした、地域の皆様、市民の皆様の生活課題のサポートを行う事業が、様々な分野、様々なエリアで実施されている中、どこからどのようにお伺いするのか、どのように結びつけていくのか、どのように定着させていくのか、どのように、成果を上げる仕組みを作るのか。。

それぞれのエリアでご活躍の方々とお会いして、お話させていただける環境にあることをありがたく思いつつ、このようなお話ができることが、具体的な仕事に結びついていく重要な要素であるなぁと。あとは、ちょっとお話を整理しながら、うちのメンバーの皆さんに説明できる資料を作成して、どのタイミングで、どこからお邪魔していくのか、それが単独か、複数の切り口か、まぁ頭を巡らせてます。

説明資料ですね。。

ここからフレームワークを活用して、多少情報を整理しながら、とりあえず、不確定なものばかりの中ではありながら、それを飲み込んで、覚悟を決める的な。

内にも外にも、決断の多いお年頃です。( *´艸`)フフフ

自分がやっていることに自信が持てる瞬間

f:id:iyoshihisa:20170809164726j:plain

普段から、わりともやもやしながら仕事させていただくことって結構あるのですが。特に、ひとりでああでもないこうでもないと考えている時など、まったくもって自信なくなってしまいます。ああ、この間のあの会話。。失敗だったんじゃないか。。。とか。今回の、事業のバランスのとり方。。。もちょっと、現場よりに進めるべきだったんじゃないか?とか。

もちろん、組織でお仕事させていただいている以上、周辺の方にご相談しながら、お仕事進めるわけですけど、何でもかんでも相談するような事では、仕事も進みませんし、割りと私自身に判断を求められることも、立場上多いと感じています。

そんな中。。。あぁ これでいいんだなとか、私の考え方で良かったんだと思える瞬間。それってやっぱり、打合せをしたり、相談をしたりしている中で、その相手方から出てくるご意見や、情報が私の提案や、考え方とある程度一致している時、似ている方向にある時、進めてくださいと、ご承認いただく時。そういうタイミングタイミングで、あぁ、これでよかったんだな、よし、これで頑張ってみようと思えたりします。

これって、私の中にある承認欲求的な事なのかなぁと思いまして。。。

課題を解決するミーティングもあれば、新たな取組みに関するご提案の打合せもある、相手の反応が読めなければ読めないほど、こちら側は不安になり、頭を悩ませる。最大限の準備をして、その場に伺ってという風には思っていても、必ずしもいつもそれが出来ているわけでもなく。

それでも、その瞬間瞬間に、いろいろな場面と向き合って、貫いていく事で、開けていく充足感。

与えていただいている仕事や役割に対して、私自身がその機能を多少なりとも発揮できたかなぁと自分で思えたりする瞬間。。 あぁ出来てよかった、と。。ほっと胸をなでおろす。

もちろん、いつもかつも。私の意見ばかりが通るような環境では、こうした感覚は味わえないでしょうし。そういう意味でも、お世話になっている組織やグループの、ある一定程度の健全さを表現していて、その中で、緊張感を持って仕事させていただいているというありがたさを含め。

だからこそ、まだまだ40半ば。。もっともっとチャレンジして、失敗しながら、自信を持てる体験を積み重ね、目指すべきVision、果たすべきMissionに近づくことのできる社会の、組織の一員として、皆さんに貢献できるよう精進するしかないと。。その両方、失敗や成功の経験が、皆さんに信頼いただける大人になる材料と言うことでしょうか。貴重な体験を、もっと貪欲に。p(´∇`)q ファイトォ~♪

中間支援という立ち位置、相互理解

f:id:iyoshihisa:20170815182028j:plain

この話題、初めてではない気がしますが、組織内でも、組織外でも。。。。何となく私はいつも何かしらの「間」にいるようで。そう言えば、学生の頃からそんな役割を、そんな立場で、いつもやってたようなきがするなぁと思ったりのするわけですが。

組織内では、トップマネジメントと現場の、また現場間の、組織外でも組織間や異業種間や。。。いろいろな解釈や役割や、課題や長所短所や、何やらかんやら。。それぞれの情報を整理しつつ、いろいろな物の見方から、できるだけ客観的にとらえ、コミュニケーションを取るお互いの組織や、人たちの相互の理解を進めていただくために、いろんな言語で通訳をする。。そんな仕事してんのかなぁと。。

本日も、その両方のお話が、お昼から夜遅くまで。

でも、そうした役割や、仕事、業務がどのような現場、どのような業界、どのような時代にも存在していて、それを担う人がいると。

まぁ私にそれが出来ているかどうかは、周囲の方々の評価によるわけですが、いただいた様々なご意見をムダにしないように、いろいろなところに働きかけながら、有機的に前進する。そういうお手伝いをできたら。

思い入れと割り切り。情熱と冷静。それでも生かしていただいている事に感謝しつつ。

台風5合の影響で開催できた空港ミーティング

f:id:iyoshihisa:20170809170854j:plain

滞在最終日、台風5号の影響で、どうなるかとヒヤヒヤしてはおりましたが、どうにかこうにか、多少の遅延スケジュールのなか、フライトして熊本へ移動してきました。

この日の午前中までに、ほぼ予定を済ませて早めに空港へ移動してきて、どこかに座ってパチパチしようかと、お土産を手に、トイレを済ませ、さて。。と思っているところへ、声をかけられ、そちらをみると、何と昨日までご一緒させて頂いてたある大学の先生とばったり。彼の方は、会議の出張予定だったのが、中止になったのだとか。「帰ろうかなというところでした。。。。」という会話から、ちょっとロビーの椅子に腰掛けてしまいまして、そこから始まった、話題が90分を超え、長く深く。

現在、国の方針で進められてきた総合型地域スポーツクラブという政策が転換点を迎えており、どの都道府県においても、今後のその方策について様々な議論が展開されている中、そうは言っても、現場的には日常的な活動があり、日々刻々と事業は進められているわけで、次々に新しい展開、新しい場面、新しい考え方など、ますます複雑に絡みつつ、そこをどのように折り合いをつけながら、業界的に社会に貢献できるようなシステムづくりができるか。。。というところが、課題として上がってきているようなのですが。

これに対して、国や国レベルの組織の政策的にはもう、かなり追いついていない。追いつけるのかどうか、追いつく気があるのかどうかさえ、だんだん怪しくなっているようで、( *´艸`)フフフ。これまでとはちょっと違う方向からのアプローチが必要なのではないかと、私も僭越ながら、沖縄の方へお邪魔させていただいているところでして。。。

で。。。じゃぁ何をするのかというところなのですが、ひとつは、業界内のそれぞれの事業体のポジショニングと概念整理、その上で、業界としての共通理解を図った上で、どのような関係性の中、業界全体としての成果を求めていくのかという方針を共有していくために、その支援を行える機能、組織をどう作っていくのかなぁというような。。まぁそんなお話なのですが。

沖縄の状況そのものが、かなり混沌としていて、バラエティに富んだクラブが多いということと、県そのものの外部環境要因的な経営資源の要素もあり、まぁどこから手を付けるかは別にしても、いずれ、どの都道府県においてもある程度想定される課題である以上、積極的に介入しながら、どの程度の協力体制、組織間の距離感、支援のバランスなど、トータルでマネジメントするという考え方を持ったらどうかという方向で話は盛り上がり。じゃぁそれを誰がやるのか?というところも含めて。

これ、完全に持ち帰り具体化するやつやなと。。さて、どこでどのように手を付けていくか。。もちろん、沖縄の方々の中で解決されていくことが中心であり、現在その推進を進めていらっしゃる方々のお手伝いとして、どのような形で関わりを持たせていただくのがいいのか。そこを含めて。。。

長年温めてきた、例の構想を一気に具体化するチャンスかもしれませんね。いろんなアイディアも、やはり実行に移すタイミングって大事だし。ですね。(*^-^)ニコ

新たなご縁をいただいてきました。

f:id:iyoshihisa:20170816094446j:plain

沖縄県地域活性化事業のひとつに、ご縁あってお招きいただいておりまして、本日は、その事業検討委員会という事で、さまざまな地域の方々からの企画提案をいただきながら、その評価と選定を行う会議に参加させていただきました。

選定される委員の方々は、それぞれスポーツや健康づくりなどマネジメントに関する専門の方々ばかりで、私はそのサポート的な立場でお邪魔しているのですが、各エリアからの企画提案に対して、様々なコメントが、私自身とても勉強になるひと時。

総合型地域スポーツクラブという業界の常識的感覚と、そこに関わりを持っていらっしゃる多くの方々とは無関係にいられない、現在の市場の状況からして、バカの一つ覚えくらいに出てくる、この業界でのダイバーシティ・マネジメントの情報整理の時間としては、貴重な時間をいただいたなぁとひとり、メモメモしながら。

f:id:iyoshihisa:20170816095656j:plain

会議後。。。情報交換会にもお邪魔して、それぞれのご専門でご活躍の方々ばかりでしたが、その脇で、厚かましく皆様と色々なお話をさせていただきました。

沖縄県のスポーツ業界周辺にちょろちょろお邪魔させていただきながら、与えられた使命を果たしつつ、期待される役割をどのように果たすのか、またその先に、何を創れるのか。ひねり出せるものは、まだまだたくさんありそうだと感じています。p(´∇`)q ♪