職場の先輩と、ちょっとしたお話。私を尊重してくれる先輩です。

f:id:iyoshihisa:20170331113636j:plain

現場の中で小規模のチームを作ってお仕事していただいている先輩と、いろいろとお話することが出来ました。
現場での課題、グループの全体的な取り組みに対する疑問、現状の取組と今後の視点など、数時間に渡って、いろいろと伺うことも出来ましたし、後半はプライベートなことまで。。。

何を優先して、どこにどう取組むのか? グループ全体を見渡して、課題となっているところを解決し、可能性のあるところにチャレンジし、グループにかかわるすべての人達が幸せに、職員もその家族も、提供するサービスに対価を払ってくれる人たちも、組織存続のためにご一緒しているステークホルダーのみなさんも。できるだけ、みんなが幸せになれるように、そんな想いで、各課題に取組むわけですが、一つの判断、ひとつの指示が、見方によっては意見を食い違わせることも多いわけで。

そういう意味でも、いろいろな情報を共有することが大事だと思うし、共有してその事にあたるという責任を負うということから、逃げちゃいけないわけです。

こう考えると。。「はぁ。。。」とため息をつくような事になるのかもしれませんが、これこそ、良き経験、いいタイミングで、次の可能性へチャレンジしていることでも有り、今までやろうとしてきたことを実現するチャンスでも有り、リスクを負いながら、楽しい事をできる覚悟を持つタイミングでも有りと。。

まぁ 私が楽しくしてないのに、みんなに「楽しくやろーよ」とも言えないわけですので、楽しくやりつつ、追い込みつつ。

すべてを壊して、いろいろなことを辞めてしまわなくていいように、壊すことに注力するという、禅問答のようなテーマを持って、今しばらく。。(*^^*)