今日できたこと。

スポーツが好きです。新しいものが好きです。古いものが好きです。お酒が好きです。忘れることが得意です。ゴルフに熱心になりたいです。

地域スポーツNPOのご相談、組織の形を変える

f:id:iyoshihisa:20170603141259j:plain

本日は、熊本県の県北の街。山鹿市にお邪魔させていただきました。

こちらからのご相談は、「市体育協会の法人化について」。。

ここ数年の時間をかけながら、現在の組織が抱える課題を解決するために、組織改革として法人化して再スタートを切っていく方向で、もろもろ検討されているのだとか。候補としては、一般社団法人とか、特定非営利活動法人とか。。

抱えておられる課題は、

1.市の財政状況からして単純に補助金を活用した活動だけでは、規模が縮小するのみであり、今後期待される、市民のスポーツ活動のサポートが不十分になる事が予想される。

2.現在の状況では市教委の管轄での活動に範囲が制限され、積極的な企画事業や、他団体との連携、教育系以外のサービス等との連携が図りにくい。

3.組織そのものが形骸化しているような部分も見られ、組織内の関係者にも、今後に向けた意識改革が必要であり、そのきっかけがほしい。

4.公共スポーツ施設の指定管理者制度導入が検討されており、市の外郭団体等ではその運営に不安が残る。特にそれは、スポーツの専門性の分野であり、こうしたノウハウの蓄積を進めたい。

といったようなところでしょうか。

熊本県内でもまた、九州内のいたるところで、同じようなお話を耳にすることがあるような気がします。試しに、福岡のアドバイザーの方に連絡を取って、事前にちょっとご相談したのですが、話は似たようなもので。。法人化に向けた書類作りなどのコンサル的なことを手がけておられるのだそうです。

で。。今回特にお話いただいたことは、法人化は有りきで、一社とNPOどっちがいいか?という感じのお話だったのですが。。。

そもそも、先に挙げられているような課題は、法人化したから解決できるようなものではなく、それぞれの課題に対して、それを解決するための事業なり、なんなりが必要であることを前提として、形を変えることが一つのきっかけであれば、このタイミングで、検討する委員会なり、新しいメンバーなり、これまでの会議体の改善であり、そういう工夫が必要なのではないでしょうか?という事。

そして、そのために本当に必要なことは。。。

割と最近、ちょこちょこ出て来るキーワードの一つ。「覚悟」的な事ですかね。

地域や社会のために、地域や社会が抱えている課題を解決する。ニーズにお応えするだけでなく、新たなニーズを作り出す。そこには、単純にボランティアとして関わりを持つという覚悟。事業を継続するために、何かを犠牲にするという覚悟。ある一定程度の時間や資源をそこに投資し、きちんと成果を出すという覚悟。

踏み込めば踏み込んだだけ、次のステップに進む覚悟を求められる。最近そんな気がしていて、「楽しい」「楽しみ」という私が考える地域にとって、その雰囲気作りにとって最もシンプルで重要な価値を持ち、伝え、ともに共有する為に、やるべきことをやる覚悟が、いつもどこかでおざなりにされているような、誰か任せになっているような。。

付け加えて。。。基本的に伝統的な地域スポーツ組織であって、その全容を一気に変えてしまうのは、現実的に難しいであろうし、他市町村や、県や国の中央組織との関わりもある中で、守らざるをえない部分もあることを踏まえ、委員会やプロジェクト、タスクチーム的に、「失敗」のできる部門のようなものを設置してみてはどうでしょうか?ともお伝えしました。

新しいものを生み出そうとする時に、あまりにも失敗してはいけないプレッシャーが強すぎると、萎縮して何も出来ない事が多いのではないか?体育協会という組織も、そういう風土や性格を持っている組織ではないか。そうすると、新しいことをしようとしても結局、話だけで何も出来ないということになってしまっては、変わっていけないことなので、それができる部分を別立て的に、作ることでより積極的に挑戦できる雰囲気や環境を作っていくことができるのではないか?というご提案です。

お話の中では、より具体的で細かな内容。。例えば、法的制限や、ルール、労務管理、雇用、税法上の課題、財務会計、所管の担当部署への報告、申請などなど。。の話もいろいろとありましたが、概ね、90分ほどの時間やりとりさせていただき、情報交換させていただいたところです。

帰りには、別口の運動部活動の社会体育化にかかわる講演のお話も頂いたりしながら。。山鹿市体育協会。ひとつ県北の拠点施設の所在地でも有り、引き続きご縁をいただけそうなひとときとなりました。o(^▽^)o