吹奏楽フェスティバルへお邪魔してまいりました。

f:id:iyoshihisa:20170624144942j:plain

IICHIKOグランシアタで開催されていました、吹奏楽フェスティバルへお邪魔してまいりました。長女が参加させていただいておりまして、その演奏を聞きに伺ったのです。

あまり時間もなかったので、彼女の団体とその前後3つを拝聴しました。音楽そのものについては、専門家でもありませんし、むしろちょっと縁遠い方ですので、その良し悪しなどはわかりません。何となく「こうかなぁ、ああかなぁ」という感じで、彼女の姿を眼にしたのですが、こんな立派な施設で、こんなに沢山の人達が関わっているイベントで、堂々と担当する楽器を演奏している姿を見て、涙腺のゆるい私の目尻からは、涙がこぼれてしまいました。

「立派だなぁ。。」

前の夜、彼女が過ごす学校での生活の様子を話したり、生徒会のことを話したり、「まじめと不真面目」の事を話したり、孔子論語のことを話したり。首都都心の有名私立の進学校に通う中学生と、離れ島の小さな公立中学校の分校に通う中学生とどちらの悩みが「大きい、大変だと思う?」という話とか。。

もともと私自身も、彼女に対して、子どもというよりもむしろ、ひとりの人間、大人?として、話をしてきた感覚があったのですが、どのテーマの話にしても、彼女は淡々と自分の意見を主張し、私の意見をしっかり受け止めてくれました。

そんな彼女が演奏するの姿を見て、ホロリと。

彼女なりには不満の残る演奏だったようですが、まぁこんな私にとっては「ええもん見せてもらいました。」という日曜日の午後。

確実に成長している彼女に、恥ずかしくない保護者として向き合えるように、日々精進して参りたいと思います。