今日できたこと。

スポーツが好きです。新しいものが好きです。古いものが好きです。お酒が好きです。忘れることが得意です。ゴルフに熱心になりたいです。

日本ゴルフ学会九州支部理事会。。。。(^ - ^*)フフ♪

f:id:iyoshihisa:20170624185438j:plain

昨日まで行われたUS.OPENでは、松山選手が2位タイという好成績。あと数ストロークというところでしたが、2日目、4日目のラウンドは、とても素晴らしいものでしたね。72ホール目にバーディを取った瞬間には、首位と2打差と言うこともあって、盛り上がってしまいました。ゴルフ。行きたいですね。

という事で、本年度の第1回理事会が開催されました。

ゴルフ学会。えっ?何それ。。。ゴルフ学会って?てなりますよね。

日本ゴルフ学会

日本ゴルフ学会の創設が、1987年(昭和62年)九州支部というか、名称も「九州ゴルフ学会」としてその数年後に活動を開始して、学会大会も昨年度が25回目を数え、本年度も継続して26回目の学会大会が開催される予定です。

九州の学会大会では、概ね2日間で開催され、初日が基調講演やシンポジウム等をメインとして夜の情報交換会。二日目にフィールドフォーラムという事で、九州各地のゴルフ場のコース上でのセッション。これが、例年のプログラムです。過去には、プロゴルファーによるレッスンやゴルフメーカーの方からのクラブの紹介などを含め、幅広い情報提供、活動が行われてきました。

加えて、日本ゴルフ学会の大会があるのですが、そちらは3日間から4日間程度。

内容も更に充実して、研究発表やブースの展示、フィールドフォーラムもオプションで2ラウンドとか。日本大会になると100名を超える方々がいらっしゃったりして。

本日の理事会では、その日本ゴルフ学会の事務局の方から、30年度に九州で日本学会大会を開催してもらえないかというオファーがあったとか。

私自身も、学生の頃よりお手伝いさせていただいておりまして、近年は恩師のところに九州支部の事務局があるものですから、その運営に長く深くお付き合いさせていただいております。

とはいえ。。。

九州学会の会員数は現在30名程度。九州の学会大会参加者も、これ前後の方々がいらっしゃる会になっておりまして、理事の先生方も、あの頃から25年。会員の入れ替わりも少なく、会員、役員含め高齢化し、活動そのものも少しずつ縮小しながら、細々と続いているような状況の中、以前のような大々的な学会開会をイベントとして開催できるかというと、たしかに資源的な部分を含めて、一抹の不安がありまして。

本理事会でも、お受けするかどうかというところから、協議がなされました。もちろん、いろいろな実績をお持ちの先生方ばかりですので、あちこちの繋がりからお声掛けいただける状況ではあるのですが、いかんせん実際の運営スタッフの部分が手薄でして。さてさて、このままだと、どこにでもあるようなお話になりかねないなぁというまぁまぁ危機的な状況です。

この状況は何も今に始まったことではありませんので、ここ数年は、サポートさせていただいているNPOの連中とも、どうにかするかなぁ。。。と話してはみるものの、とりあえず、先生方がお作りいただいた学会でもあり、先生方のご意向に沿って、粛々と進めるというのが、私たちサポーターの役割かなぁと落ち着いてきました。

それでもそろそろ。。

前回日本学会をお受けした時には、役員の先生方も、まだまだお元気で、現役で活動されていたのですが、体調を崩されたり、大学の現場を退かれたりしている近年。理事会の協議内容も、課題は積み上がるばかりでなかなか解決に至らないという現状の中、そう若くもない私どもが、何かしらご提案をしながら、進めさせていただくというようなことも考えていくべきタイミングかなぁとも思える日々。

「日本ゴルフ学会九州支部」や「九州ゴルフ学会」という名前で作り上げられてきたものを、そのまま継続は難しいにせよ、ちょっとテコ入れしながら、新たな付加価値、体験価値、そして新たなブランドイメージ戦略を練りつつ、生まれ変わらせていく事ができないかなぁと、ちょっと考えてみたりしながら。。

ずっと踏み出せていない、一つの部門。必ずしもアカデミックな感じでも無いんですけどね。ひとつのスポーツ振興イベント的な感じになってる気はします。

九州ゴルフ学会。(ノ∀`*)ノ。。。毎度毎度。