あちこちに出かけて、何がいいのか何が悪いのか

f:id:iyoshihisa:20170720162603j:plain

お昼ごはん。ちょいちょい同僚のメンバーとご一緒させていただくのですが、車を走らせていて見つけたお店。初めて入ってみました。

「天丼虎之介」というお店、揚げたての天麩羅をお出しになっているのですが、カウンターのみで、ごはんは天丼イメージなのでどんぶりで出てきます。

野菜天ぷらのセットを頼んだ上で、追加で温玉をお願いしてみました。野菜の天麩羅そのものも美味しくいただきましたが、最後に温玉の天ぷらをゴハンに乗せて、いただいていると、何だかもうこれだけで良さそうにも思っちゃいまして。。。それで、その画像です。熊本市内には他にもチェーンでやっていらっしゃる天ぷらのお店がありまして、そちらにも何度か伺ったことがありますが、やっぱり揚げたての天ぷらって美味しいですよね。

同僚と二人で、「こういうのでもいいんじゃないかなー」と、お世話になっている施設の食事提供サービスの在り方について、話しながらのランチ。。ごはんを食べるに出るとどうしても、何となくそういう視点になってしまって。。

で、だいたい「これがいい」「あれがいい」となって、あんまりだめなことはない。というのが、話の内容なのですが、結局一番悪いのは、身内の施設なんじゃないかと思えてきたりして。。

そしたら、その原因はなんだろうなぁと話がまた、仕事側へ深まっていくわけです。

その原因は、まぁいろいろあるわけで。

あ。。これ話し出すと、長くなりそうなので。。。