組織の再編・会議体の整理

f:id:iyoshihisa:20170725181218j:plain

現在お世話になっているNPOで、今回理事会の再編をテーマに、ちょっと資料作りをさせていただいていいて、組織の現状、背景、今後の展望、現在の理事会機能、構成、その他。。もろもろの要素から、マイナーチェンジを行う方向と、理事会を補佐する会議体を設置する方向のふたつでちょこちょこと。。。

それで、何となくなーーー。。。。と個人的には、思ったわけです。

何だか、会議会議って、時間はかかるのに、その会議の中身が、どのようにどう活かされていって、本当に組織経営に活かされてますか?って。。。いう疑問があって、現代的なコミュニケーションツールが様々ある中で、それがどの程度必要かっていう話。

ただ一方では、Face to Faceでちゃんと会って話をすることも重要だなぁと思ったりもするわけです。スカイプを含め動画で通信できるので、ある程度は問題ないと思うのですが。

会議なんてしなくても、必要な情報交換、情報共有を必要なメンバーとやり取りしながら、仕事って進んでいくんじゃないのかなーと思っていたもので。。

つい、今やってるこの取組って、ちょっと古いんじゃないのかなぁと、いる?その会議?みたいな感じだったんです。

そういえば、かれこれ20年ほど前。。あるNPOでお世話になっている頃。。そのNPOは、明治期からの歴史のある組織で、有意義な活動を実施されていたのですが、やはりいろいろな意見の食い違いや、コミュニケーション不足など、課題として捉えられていて、私がお邪魔した頃。。。まさにこのテーマ。。ざっくりいうと「会議体の整理」という中身で、「たくさんある会議」で、何が語られていて、そこで語られた内容は、どのように経営に反映されているのか?というようなことを、複数の視点から調査させていただき、責任や権限、他の会議との繋がりなどを整理し、課題と改善点などをご提案させていただいた事を思い出しまして。。。

あ。。20年たっても、変わんないなぁ。。。と。

いろいろな立場で、いろいろな組織にお手伝いに伺っておりますが、同じようなことが、同じような組織の中で、同じように起こってしまうのだなぁと。。

あれ、私がお邪魔するからそうなるのかな。(^_^;)。。

なるほど。。そもそも、解決すべき課題は、そこにはないってことか。。( *´艸`)フフフ